五、




 何かが聴覚に訴え、覚醒した。

 朝だ。この小屋に、その周囲に、朝が訪れた。
 柊羅は長く深く、息を吐く。

 それは、安堵の溜め息。
 夜のうちに何も起こらなかったことへの、安堵。
 柊羅の聴覚を刺激したのは、小屋の外から微かに聞こえる、小鳥のさえずりだった。
 首を巡らせ、辺りを確認する。

 向かい側の壁に背を預け、少し前の柊羅と同じように眠っている倫慶がいた。
 立ち上がり、近づき、寝息を立てている彼の頬にそっと手を寄せ…
 強く、耳朶を引いた。

「……って!」
 倫慶が文字通り飛び起きる。 

「いつまで寝ているつもりだ。
 今あんたに近づいたのがおれじゃなければ、あんたはどうなっていたと思う?
 無防備すぎないか」

「…そんなに神経質になるなって…。
 そもそも柊羅、お前さん自身が、昨日の夜、しばらくここは安全だと言っただろう」

「…誰が。ここへはしばらく追手が来ないだろうと言っただけだ。安全だなんて、一言も言った覚えはない」

「…しばらく来ないのなら、安全という…」

「黙れ。あんたもつくづく呑気だな。おれたちの敵が、追手だけとでも思っているのか」
 また、溜め息をつきそうになる。
 なんだって、こいつはこんなに危機感がないんだ。

「…行くぞ。黙ってついて来い。……ああ、それと」
 柊羅は倫慶に背を向けかけ、ふと思い出して振り返った。
 自分の頬を指差し、告げてやる。

「よだれの痕がついてるぞ…ここに」




 小屋の裏手には、森が広がっていた。

「…おい、なんなんだよ、さっき言ってた追手以外の敵って」

「……」

「柊羅、聞いているのか」
 倫慶は小屋を出てからずっと、同じことを問うてきている。

「なんだよ、敵って…」

「あんたな」
 足を止め、振り返った。
 倫慶の片頬が、赤く色づいていた。しばらくこすっていたらしい。

「自分で考えたのか。聞かなくてもわかるだろう、そのくらい」

「…は?」

「は、じゃない。
 飢えや寒さや疲労があんたの友人っていうなら、ぜひとも紹介してもらいたいって、言ってるんだ」

「…そんなこと言われた覚えがないぞ」

「だったら、あんたの記憶障害だ」
 言い放ち、前を向いて歩き出す。
 このまま倫慶にかまっていたら、いつまで経っても食事にありつけない。

「言っておくけど火は使えない。跡が残るからだ。そのまま食べられそうな木の実や草を探せ」

「そういうことなら柊羅、もっと早くに言ってくれるべきだっただろうが」

「……なぜ」

「俺はそっちの手の専門だぞ?だてに薬草を売りさばいてるわけじゃない」

「…どうだか。あんたなら、雑草も良薬と偽ってそうだな」

「馬鹿言え。俺をどれほど見くびってるんだ」

「…少なくとも、まったくあてにはしてないな」
 そう返事をして、近くの木の根本にしゃがみ込む。

「…なんだ、なにか見つけたのか」
 倫慶が手もとを覗き込んできた。

「…なんじゃそりゃ」

「この草はわりと腹にたまる。味も悪くない」
 柊羅は引っこ抜いた植物を半分にちぎり、片方を倫慶の口に突っ込んだ。

「……甘いな。そうか、食えるのか。これ」

「知らなかっただろう。あんたは草を商売道具としか考えてないからな。
 非常食として見たことがないなら、こんなこと、わかるはずもない」
 摘んだ草を倫慶に持たせ、立ち上がってしばらく行くと、今度は倫慶から声がかかる。

「柊羅、あそこに茸が」

「あれは毒だ」

「………」
 それ以降、倫慶がなにか知らせてくることはなく、柊羅は黙々と食料調達に勤しんだ。
 …請け負いの仕事は久しぶりだ。
 しばらく大きな危機に直面していなかったからか、少々気の抜けている自覚がある。
 そもそも人を連れて逃げることが初めてで、こんなにのんびり草をむしっていていいのかと思う。

 カサリ。

 柊羅ではない。倫慶でもない。獣のように軽くもない。
 異質な音が、思考を破った。

「あ、そういえば柊羅…」

「伏せろ!」
 まったく時を誤って再び口を開いた倫慶を、柊羅は押し倒した。
 ドッ。
 横の木に、白い矢が立つ。
 素早くその角度を見て狙いを定め、近くの茂みに向かって跳ぶ。

「…うっ」
 狼狽した呻き声。
 目の前の足首を払い、即座に立ち上がって、転がった人影に馬乗りになる。
 上質な衣を纏った、若い男だ。
 喉に手をかけ、締め付けた。

「……くっ」
 男の手から弓矢が離れる。

「…京の者か」
 少々手を緩め、低く、重たい声音で問うた。
 しかし、男は何も答えない。

「…京からの追跡にしては、早すぎないか」

「…京…は、関係…な…い」

「そうか、京の者か」

「…な…に…」

「本当に京からの追手でないならば、この問いかけには反応しないはずだ」
 柊羅は手刀を、男の首筋に容赦なく叩き込んだ。

「出発する。もうここにもいられない」
 振り返って、茂みの外にいた倫慶にそう言う。
 深い紺の羽織の裾を翻し、森の奥へ足を踏み入れた。

「おい待て柊羅。小屋に、おれの薬草が…」

「あんた、討たれに行く気か」
 声は冷静を繕う。
 だが内心は焦りで埋め尽くされていた。
 早い、早すぎる。
 慎重に跡を消して逃げてきたはずだ。京からも、それほど近い距離じゃない。
 それなのにどうして、こうも居場所が知れてしまうのだろう。
 わからない。
 否…もしかしたら。


 前を行く柊羅の背を、必死で追いかける。
 戯けが。おれの大切な薬草をどうしてくれるつもりだ。
 思っていながらも柊羅を追うのは、それが生き残るためだとわかっているからだ。
 危険の中で生き抜く知恵も、技術も、判断力も、目の前の人間は持ち合わせている。
 厄介ごとの種を笛と共に懐に忍ばせていたのは柊羅だが、
 その種を蒔くように仕向けたのは、間違いなく自分、わかっている。
 だからこそ、這ってでも追うのだ。命がけで、走るのだ。

「もうここは京じゃない。上官に媚びを売り、惚けて過ごす時は終わった」
 目覚める少し前、夢の中で柊羅に告げられた。
 ああ、そうなのか、と思った。俺の行く先には、罠と、罪と、罰しかない。
 惚けてはいられない。確かに。

「…もしかしたら…」

「あ?」
 夢ではなく、現(うつつ)に柊羅の声を聞いた。
 独り言に近く、不明確でこそあったが、確かに呟いた。

「もしかしたら…あいつらか……」

「…柊羅?」

「……だとしたら、捕まった方が、話が早い」
 突然、柊羅が歩みを止めた。

「柊羅、お前さん今、何て…」

「倫慶」
 柊羅の真剣な視線を正面から受け止め、倫慶はたじろぐ。
 腕を引かれ、大樹の根に座る。

「多少草を倒したとはいえ、跡は消してきた」

「…何の話だ、柊羅」
 お前さんは、思考を自己完結しすぎだ。
 そうしてわからないと尋ねるのに、柊羅はいつも一瞬、表情に憤りをにじませる。 
 苛立ち。
 そして、呑気な奴だと悪態をつかれる。

「倫慶、おれは今、昨日の話をしているんだ。蛭の川から上がったあと」

「…ああ」

「草を倒したとはいえ、それほど多い量じゃない。普通なら見のがすはずだ。
 そのあともずっと、足跡を消して小屋まで辿り着いた。…それなのに、追手はさっき、追いついてきた」

「…そうだな」

「本当にわかっているのか、あんた」
 あきれた声で問われる。
 わかっているさ、そのくらい。現状認識くらいできる。

「不自然に早いと、思わないか。早すぎると」

「…確かに」

「もしかしたら…」
 柊羅の目が、すっと細まった。

「あいつらが関わっているのか」

「…あいつら?」

「……陰陽師」

 …あり得るかもしれない。
 そう…可能性は、かなり高い。

「そうだな。奴らは星をよむことができる。
 星がおれたちの場所を教えているなら、おそらく奴らから追手に情報が流れるのだろう」

「…どうすればいい」
 柊羅が、意見を求めている。俺に、求めている。

「小屋に戻れば奴らはいるだろう。
 あえて捕まり、以前よりも強力な薬草で陰陽師たちの目をくらまさせて、再び逃亡。
 うまくいけば、おばばも救って逃げられる」

「…ただし柊羅、小屋で出会った瞬間に、おれたちが討たれなければ、だろう」

「討つと、思うか」

「…俺に聞くか?」

「ああ。京の者たちに詳しいのは、おれよりもあんただ」
 …討つ…だろうか。
 奴らが、俺たちを?

「…わからない」
 それが、結論だった。
 そうとしか、言いようがない。

「そうか」
 予想に反し、柊羅は失望の色を見せなかった。納得したように一つ、頷いただけだ。

「…ただし」
 倫慶がそう続けると、柊羅は鋭利な視線を向けてきた。
「…ただし、あくまでも俺の勘だが…命はとられないだろう。
 追手の黒幕が誰だか知らんが、おそらくそいつは京に居座ったまま、従える者に俺たちを追わせているだけだ。
 だとしたら追手は、黒幕のもとへ、俺たちを連れて帰りたいに違いない」

「生きたまま、か」

「そう、生きたまま」

「…自由を奪われる覚悟は必要だ、ということだな」

「まさしく」
 明確な答えに、柊羅は眉根を寄せた。
 …このまま逃げ続けるのだろうか。
 それとも、敵の懐に飛び込むのか。
 この危機慣れした請負人は、何を決意するのか。

「…逃げ場は、ない。陰陽師がおれたちの敵である限り」
 それが、柊羅の出した結論だった。

「あんたがどうするかは、あんたが決めてくれ。おれは、進む。…奴らの懐へ」
 いいぜ。
 俺は、お前さんについていく。
 そう言う代わりに、倫慶はゆっくりと、立ち上がった。

 早鐘を打つ心臓。
 緊張していた。ここ数年なかったほど。
 倫慶の勘だと、命まではとられない予定だ。…否、とらせはしない。
 今後のことも考えると、怪我は最小限にとどめたい。
 目の前には、幾時も前に閉めた小屋の扉が、ある。

「…なんだ、あんた怖いのか」
 隣にいる倫慶から、微かな振動が伝わってきた。

「…怖くないわけあるか。
 お前さんは免疫があるかもしれないけど、俺にとっちゃ初めてだね、生きるか死ぬかがこんな身近にある状況なんて」
 
 違う。
 生きるか死ぬかなんて、毎日直面している現実だ。
 生きること、死ぬこと。
 いつでも確率半分の賭けに勝って、生き続ける。
 賭けに負けたとき、生が終わる。
 それだけのことに、気付こうとしなかっただけだ。
 ただ、それを教えてやるほど甘くはない。いつか、自分で気付け。

「…行くぞ」

 柊羅は、扉を蹴り開けた。

 そして己を狙い、空を切る鏃を、目の隅で捉えた。



・・・・つづく・・・・



第  章



うぃんどーを閉じる




All Copyrights reserved by seiusuiki.flameshadow.com and the author "鹿鈴"
2008-